ユースエール認定

経営事項審査の評点Wの中に、「ワーク・ライフ・バランスに関する取組の状況」という項目があります。「女性活躍推進法に基づく認定(えるぼし)」、「次世代法に基づく認定(くるみん)」及び「若者雇用促進法に基づく認定(ユースエール)」について、 各認定を取得している場合に評点Wに最大5点加算されます。
今回は、このなかの「ユースエール認定」について説明します。

ユースエール認定とは

若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度のことです。
認定を受けることで、「ユースエール認定マーク」を使用できる等様々な支援を受けることができます。

認定の基準

以下の認定基準をすべて満たす中小企業(常時雇用する労働者が300人以下の事業主)であれば、認定企業となることができます。

  1. 学卒求人など、若者対象の正社員の求人申込みまたは募集を行っていること
  2. 若者の採用や人材育成に積極的に取り組む企業であること
  3. 以下の要件をすべて満たしていること
    • 直近3事業年度の新卒者などの正社員として就職した人の離職率が20%以下
    • 「人材育成方針」と「教育訓練計画」を策定していること
    • 前事業年度の正社員の月平均所定外労働時間が20時間以下かつ、月平均の法定時間外労働60時間以上の正社員が1人もいないこと
    • 前事業年度の正社員の有給休暇の年間付与日数に対する取得率が平均70%以上又は年間取得日数が平均10日以上
    • 直近3事業年度で、男性労働者の育児休業等取得者が1人以上又は女性労働者の育児休業等取得率が75%以上
  4. 以下の雇用情報項目について公表していること
    • 直近3事業年度の新卒者などの採用者数・離職者数、男女別採用者数、平均継続勤務年数
    • 研修内容、メンター制度の有無、自己啓発支援・キャリアコンサルティング制度・社内検定の制度の有無とその内容
    • 前事業年度の月平均の所定外労働時間、有給休暇の平均取得日数、育児休業の取得対象者数・取得者数(男女別)、役員・管理職の女性割合
  5. 過去に認定を取り消された場合、取り消しの日から起算して3年以上経過していること
  6. 過去に7.から12.までに掲げる基準を満たさなくなったため認定辞退を申し出て取り消した場合、取消しの日から3年以上経過していること
  7. 過去3年間に新規学卒者の採用内定取消しを行っていないこと
  8. 過去1年間に事業主都合による解雇または退職勧奨を行っていないこと
  9. 暴力団関係事業主でないこと
  10. 風俗営業等関係事業主でないこと
  11. 雇用関係助成金の不支給措置を受けていないこと
  12. 重大な労働関係法令違反を行っていないこと

ユースエール認定のメリット

1.ハローワーク等で重点的PRの実施

認定企業を積極って気にPRすることで、若者からの応募増が期待できます。
また、「若者雇用促進総合サイト」などにも認定企業として情報を掲載してもらえます。

2.認定企業限定の就職面接会等への参加

各都道府県労働局やハローワークが開催する就職面接会などについて、積極的に案内してもらえます。これにより、求職者と接する機会が増えます。

3.自社の商品、広告などに認定マークの使用が可能

ユースエール認定マークを商品や広告などに付けることができます。これをうまく利用することで、若者雇用に積極的な優良企業であるということをアピールできます。

4.日本政策金融公庫による低利融資

「働き方改革推進支援資金」を利用する際、基準利率から-0.60%での融資を受けることができます

5.公共調達における加点評価(経営事項審査含む)

公共調達における加点評価を受けることができます。
経営事項審査では、評点Wが以下のように加点されます。

若年雇用促進法に基づく認定
ユースエール4点