お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

創業時のあれこれ

創業二年目はお金が借りづらい

みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
本日は、「創業二年目はお金が借りづらい」についてお話します。

創業し一年目からしっかりと利益を出すことができる人は事実少ないです。
そこで資金が枯渇し金融機関に融資を申し込むのですが、このタイミングではとても借りづらいのです。
金融機関側としても、利益が出ていない人にお金を貸すのはリスクが高いため慎重にならざるを得ません。
この結果、事業を運営していく資金が不足し廃業・・・というパターンがたいへん多いです。

上記のようなことも考え、比較的融資を受けやすい創業期にまとまった金額を借りておき、早く収益を上げるように考え方を切り替えていく必要があります。
つまり「お金を借りても返せなくなるといや」という考え方ではなく、「借りたお金を効率的に使い、早く収益をあげて返済する」という考え方が必要です。

0798-78-3682

TOP