お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

会社設立のスケジュール

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日のお題は、会社を設立する際に出てくる「会社設立のスケジュール」についてです。

    「会社設立」と一言で言っても、具体的にどのようなことを行う必要があるのかを、事前に把握することは難しいかと思います。
    実際は、以下のようなスケジュールで動いていきます。

    1.会社の基本的な事項を決定する
    2.決定した内容を反映させた定款を作成する
    3.公証役場で、定款を認証してもらう
    4.登記に必要な書類の作成と準備を行う
    5.設立登記を法務局に申請する

    もう少し、具体的に見ていきます。
    1.会社の基本的な事項を決定する
     会社名、住所、目的、資本金、事業年度等、会社の基本的な事項を決定します。

    2.決定した内容を反映させた定款を作成する
     定款には、以下の事項を記載する必要があります。
     ・絶対的記載事項
     ・相対的記載事項
     ・任意的記載事項

    3.公証役場で、定款を認証してもらう
     公証役場へ持参し、定款を認証してもらいます。
     長時間待たされることもあるので、事前に連絡してから行くことをお勧めします。

    4.登記に必要な書類の作成と準備を行う
     登記には、以下のような書類が必要です。
     ※行政書士は、登記を行うことはできません
     ・登記申請書
     ・登録免許税登録用台紙
     ・OCR用紙又は磁気ディスク
     ・定款
     ・発起人の決定書
     ・就任承諾書
     ・払込証明書
     ・印鑑証明書
     ・印鑑届出書
     ・その他必要な書類

    5.設立登記を法務局に申請する
     登記に必要な書類の作成と準備を行い、それをを基に法務局へ申請します。
     ※当事務所では、司法書士と提携しています

    このように、会社設立と一言で言っても結構多くの書類が必要です。
    できるだけ効率よく準備したいものです。

    0798-78-3682

    TOP