お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

よもやま話

原本、謄本、抄本の違い

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    公的な文書には、様々な種類があります。
    本日は、何気なく利用しているものの、実は正確な意味が分かりづらい「原本、謄本、抄本の違い」についてお話します。

    【原本】
    作成された書類そのものを指します。
    すべての書類作成の基本となるものです。

    【謄本】
    原本の内容全部を写した書類です。
    なお、「謄」という漢字には「原本通りに写す」という意味があります。

    【抄本】
    原本の内容を一部写した書類です。
    「抄」には「長い文書の一部を抜き出すこと」や、「抜き書き」という意味があります。

    言葉だけではなく漢字の意味まで覚えておけば、どちらが全部記載されていて、どちらが一部しか記載されていないのかを迷うこともないですね。

    0798-78-3682

    TOP