お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

補助金・助成金

IT導入補助金(平成29年度補正予算事業)

みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
本日は平成29年度補正予算事業である、「IT導入補助金」を紹介します。

「IT導入補助金」とは、中小企業・小規模事業者等が足腰の強い経済を構築するため、生産性の向上に資するソフトウェア・サービス等(ITツール)を導入するためにかかる費用の一部を補助するものです。

【申請者の要件】
生産性の向上に資するITツールを導入する事業を実施する、日本国内で事業を行う「中小企業・小規模事業者等(法人又は個人)」であり、法人の場合は「みなし大企業」でないこと。
本事業を実施することにより、生産性の伸び率が以下の状態となる計画を立てられること。
※経営診断ツールを用いて生産性を計測、目標策定を行う
・3年後 1%以上
・4年後 1.5%以上
・5年後 2%以上

【補助金の対象となるITツール】
事務局に採択された「IT導入支援事業者」によって、登録されたソフトウェア・サービス等

【IT導入補助金申請フロー】
1.申請前にすること
まずは、以下2点を行います。
・IT導入支援者を探す
・導入したいITツールを選定する

2.IT導入支援者へ相談する
1.で探したIT導入支援者へ相談します。

3.補助金を申し込む
「申請マイページ」を開設します。
IT導入支援者が代理で申請します。

4.補助金を受けられることが決定
補助金を受けられることが決定したら、事務局から「交付決定」の連絡があります。
交付決定以前に以下をしないように注意してください。
・契約(受発注、申し込み)
・納品(サービスの開始)
・支払い

5.ITツールを導入する
「交付決定」の連絡後、ITツールの発注、契約、支払等を実施してください。
※導入にかけられる期間は3か月間です

6.導入したことを報告する
ITツールの発注、契約、納品、支払を行ったことが分かる証憑を提出してください。

7.補助金を受け取る
報告完了後、補助金額が確定します。
確定後、補助金が交付されます。

8.5年間、成果を報告する
事業終了後から5年間、生産性向上等の情報を報告します。
※IT導入支援事業者が代理で報告します

申請者が行うことは、少ないという印象です。
今回の補助金は、受けるだけであればそんなにハードルは高くありません。
不必要なITツールを導入しても意味がないので、いかに信頼できるIT導入支援者を探し、自分の事業に合ったものを導入すことができるかにかかってくると思います。

0798-78-3682

TOP