お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

発起人とは

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日は、会社を設立する際に出てくる「発起人」について説明します。

    会社を設立する方法には、「発起設立」と「募集設立」の2つがあります。
    「発起人」とは、「発起設立」を行う際に出てきます。

    ・発起設立
     募集設立と比較し、手続きが簡単であり費用も安い。
     現在は中小企業の多くが「発起設立」を利用している。

    発起人の主な仕事は、以下の4つです。
    1.会社の概要を決める
    2.定款を作成する
    3.資本金の振り込み等の出資を行う
    4.その他開業準備、賃貸借契約等の契約処理を行う

    また、発起人の資格については制限がありません。
    未成年を含む個人や、法人でも発起人となることが可能です。

    発起人の数には制限はありませんが、上記発起人の仕事を協力して行う必要があることから、3人までに抑えることをお勧めいたします。

    0798-78-3682

    TOP