お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

株式会社の会社名を決めるときのルール

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日は、「株式会社の会社名を決めるときのルール」についてお話します。

    会社名は、基本的に好きなものをつけることができます。
    しかし、一定のルールがあるためこれについて紹介します。

    1.必ず「株式会社」という言葉を入れる
    株式会社であることが分かるように、会社名の前か後ろに、「株式会社」という言葉を入れなければなりません。
    株式会社なのに、「合同会社」「合資会社」等他の種類の会社と誤認するような名前を付けることはできません。
    なお、「株式会社○○」を前株(まえかぶ)、「○○株式会社」を後株(あとかぶ)と呼びます。

    2.決まった文字を使用しなければならない
    会社名に利用できる文字は以下のものに決められています。
    ・漢字
    ・ひらがな
    ・カタカナ
    ・アルファベット(大文字、小文字)
    ・アラビア文字(算用数字)
    ・記号『(&)、(・)、(.)、(ー)、(’)、(,)』

    3.公序良俗に反した名前は使用できない
    道徳に反する言葉や、いかがわしい言葉を会社名に利用することはできません。

    4.同一の住所で、同一の名前は使用できない
    同じ住所で、同じ名前の会社があると区別することが難しいため、これは禁止されています。
    しかし、同じ住所でなければ同じ都道府県、同じ町内であっても問題ありません。

    5.会社の一部署を表す言葉を含んではならない
    会社名には、「○○支店」「○○支社」「○○事業部」といった、会社の一部署を表す言葉を含んではいけません。

    6.一定の業種では、利用しなければならない文字がある
    銀行、信託銀行、保険会社等、法律上その業種を表す文字を利用しなければならないものもあります。
    逆に、これらの業種ではない場合は、「銀行」「信託」「保険」といった文字を利用することはできません。

    上記の点に気を付けて、クールでかっこいい会社名を付けてくださいね。

    0798-78-3682

    TOP