お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

会社の種類とその責任

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日は、会社を設立する際に出てくる「会社の種類とその責任」について説明します。

    会社の種類には、以下のものがあります。

    株式会社 ・株式という社員の地位を有し、間接責任を負う株主によって構成
    ・出資と経営は分離されている
    持分会社 合名会社 ・直接無限責任のみで構成される会社
    ・業務執行及び会社代表は、原則として社員全員
    合資会社 ・直接有限責任社員と直接無限責任社員とからなる二元的な組織
    ・業務実行及び会社代表は、原則として社員全員
    合同会社

    ・間接有限責任社員のみで構成される会社
    ・業務実行及び会社代表は、原則として社員全員

    ※現在は、「有限会社」を設立することはできません

    <「間接責任」と「直接責任」>
    ・間接責任
     会社への出資行為を通じてのみ責任を負う
     会社債権者が社員に請求しても、直接応える必要はない

    ・直接責任
     会社債権者の請求に、直接応じなければならない

    <「有限責任」と「無限責任」>
    ・有限責任
     会社債務について一定限度(出資分)のみ弁済義務を負う
     ※株式会社/合同会社/合資会社の一部

    ・無限責任
     会社債務について無限に弁済義務を負う
     ※合名会社/合資会社の一部

    現在は、「間接責任」、「有限責任」で済む「株式会社」や「合同会社」を設立することが主流です。
    会社を設立する際は上記のことも考えたうえで、どの種類の会社にするか決めてくださいね。

    0798-78-3682

    TOP