お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

定款の認証をしに公証役場に行く際に必要となるもの(株式会社設立時)

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日は、「定款の認証をしに公証役場に行く際に必要となるもの(株式会社設立時)」についてお話します。

    定款を作成した後は、公証役場で認証を受ける必要があります。
    どこの公証役場で認証をしてもらってもいい訳ではなく、「会社の本店の所在地を管轄する法務局(または地方法務局)に所属する公証人」に認証してもらいます。
    この際、必要となるものについて紹介します。

    1.定款3通
    2.発起人全員の印鑑証明:各1通
    3.収入印紙
    4.公証人に払う手数料
    5.定款の謄本を交付するために必要な手数料
    6.委任状(代理人に行ってもらう場合)

    1.定款3通
    以下の用途に利用します。
    ・公証役場保存用
    ・会社保存用
    ・登記用

    2.発起人全員の印鑑証明:各1通
    印鑑証明書は、発行後3か月以内のものが必要です。
    登記用としても必要となるので、定款認証用とは別にもう1通準備しておくことをお勧めします。

    3.収入印紙
    4万円
    紙の定款を作成する場合は、4万円の収入印紙が必要です。
    ※電子定款の場合は、ここが節約できます

    4.公証人に払う手数料
    5万円

    5.定款の謄本を交付するために必要な手数料
    2000円程度
    ※必要なページ数によって変わります(1ページ250円)

    6.委任状(代理人に行ってもらう場合)
    代理人に公証役場人行ってもらう場合は、委任状も必要です。

    0798-78-3682

    TOP