お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

「定款」とは

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日は、「定款」についてお話します。

    「定款」とは、会社を運営していくうえで必要となるルールを記載した規則集のことです。
    最近は、これを電子化した「電子定款」を作成することが多くなってきています。

    定款には、以下の3つの記載事項があります。
    1.絶対的記載事項
    2.相対的記載事項
    3.任意的記載事項
    それぞれ詳しく紹介します。

    1.絶対的記載事項
    定款に必ず記載しなければならない事項です。
    以下の事項が記載されていなければ、無効となってしまいます。
    1-1.会社名
    1-2.事業の目的
    1-3.本店所在地
    1-4.設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
    1-5.発起人(出資者)の氏名または名称およびその住所
    1-6.発行可能株式総数
    ※会社設立までに、発起人全員の同意によって定款に記載しておくべきもの

    2.相対的記載事項
    定款に記載しておかないと、有効にならない事項です。
    多数ありますが、代表的なものを紹介します。
    2-1.株式の譲渡制限に関する規定
    2-2.取締役の任期の伸長
    2-3.株券発行の定め
    2-4.公告の方法

    3.任意的記載事項
    決めても決めなくてもよく、決めたとしても定款に記載しなくてもよい事項です。
    義務ではありませんが、定款内で定めることにより明確になるので、記載することをお勧めします。
    ※記載した場合は、変更には株式総会の特別決議が必要です
    3-1.事業年度
    3-2.取締役等役員の数

    0798-78-3682

    TOP