お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

会社設立

「会社の目的」の考え方

    みなさんこんにちは、西宮の創業支援専門行政書士、柴原重太です。
    本日は、会社を設立する際に定款に定める必要がある、「会社の目的」についてお話します。

    「会社の目的」とは、設立した会社で「何をするのか」を簡潔にまとめたものです。
    定款に記載した「目的」の範囲内での事業活動はできますが、ここに記載されていないことは、「法律上できない」とされています。
    また、これには以下の3点が求められます。

    1.適法性
    2.営利性
    3.明確性

    順に説明しますね。

    1.適法性
     当然ですが、会社は違法な事業を行うことはできません。
     また、公序良俗に反することを目的とすることもできません。

    2.営利性
     会社は利益を上げ、利益を株主に分配するために事業を行います。
     そのため、非営利の活動をのみを「目的」とすることはできません。
     もちろん営利活動と共に、一部非営利の活動を行うことは問題ありません。

    3.明確性
     誰が見ても分かるように、周知の言葉で記載する必要があります。
     特定の業界のみで使われている単語を利用した場合、問題となることもあります。

    0798-78-3682

    TOP