お客さまの満足度No1.を目指して!

0798-78-3682

行政書士業務

行政書士と司法書士の違い

    みなさんこんにちは、行政書士の柴原です。
    私は行政書士として働いているのですが、たまに司法書士と間違われることがあります。
    本日は、間違われることの多いこの2つの士業の違いについて簡単に説明します。

    1.司法書士

    司法書士は、その業務範囲が「司法書士法」に明記されています。
    具体的には、以下のような業務です。
    ・登記又は供託に関する手続について代理すること
    ・裁判所、検察庁又は法務局若しくは地方法務局に提出する書類を作成すること
    ・法務局又は地方法務局の長に対する登記又は供託に関する審査請求の手続について代理すること
    ・その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、これを行うことができない
    (司法書士法より)

    つまり、登記や供託に関する手続きは司法書士でなければ行うことはできません。
    また、裁判所、検察庁、法務局に提出する書類も司法書士でなければ作成することができません。

    2.行政書士

    行政書士は、その業務範囲が「行政書士法」に明記されています。
    具体的には、以下のような業務です。
    ・官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること
    ・その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない
    (行政書士法より)

    「官公署」と入っているので、対応できる範囲は広いです。
    しかし、「司法書士法」やその他の法律で制限されている業務を行うことはできません。

    会社設立を例にとると、「定款作成」は、行政書士でも司法書士でも行うことができます。
    「登記」になると司法書士でなければ行うことはできません。
    ただ、行政書士には許認可に関する知見があるため、今後許認可が取りやすくなるような文言を定款に入れることが可能です。

    当事務所では、行政書士では対応できない業務に関して、提携している他士業を紹介することが可能です。
    安心してご相談ください。

    0798-78-3682

    TOP